最近の記事

2011年02月24日

「福島県民は凍み餅をドーナツ生地で包んで揚げた「凍天(しみてん)」が大好き!?」


凍み餅と言われてもなかなかピンときませんが、福島伝統の保存食なんだそう。よもぎなどを混ぜ込んだ草もちを屋外で一晩吊るして凍らせ、会津盆地の寒風で一カ月ほど乾燥させて作るもの。

3時間ほど水で戻し、焼いて食べたりお雑煮にして食べるようで、普通のお餅とあまり変わらないようです。そんな凍み餅をドーナツ生地の中に入れて揚げた凍天というお菓子が、福島県民は大好きなんだそう。

この凍天木乃幡という和菓子屋さんで販売。凍天は約20年前から売っているんだそうです。

作り方は・・・水で戻した凍み餅を半分にカットし、ドーナツ生地とからませてフライヤーに投入!10分ほど揚げて完成なんだそうです。なんでも揚げたてが美味しいんだとか。

木乃幡は福島県内に5店舗展開しており、凍天は週末になると1日に15,000個売り上げる人気商品なんだそうです。ショッピングモールのフードコーナーにも木乃幡の凍天専門店がありました。

ミスタードーナツの開発部の方も驚きのドーナツだったようです。


楽天さんで取り扱いがあるようです↓↓↓


福島名物 凍天 

詳しい作り方ものっていました♪


ちょっとカロリーは高そうですが、すごく美味しそうでしたね☆
モチモチしたドーナツはあっても、餅入りドーナツは新発見ですね〜♪



〜2011/2/24放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by べこ at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒミツのごちそう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

2010B-1グランプリ☆なみえ焼そば

ケンミンSHOWがしばらくお休みなので、9月18日と19日に神奈川県厚木市で行われたB-1グランプリについて更新します!!

福島県からはなみえ焼そばの出展!!


料理名:なみえ焼そば
団体名:浪江焼麺太国

安い食材で、おいしくてお腹いっぱいになれるようにと、約50年前に考案された「なみえ焼そば」。
具材は食堂や家庭でも、麺・モヤシ・豚肉が定番。
浜風に鍛えられた幻の小麦「きぬあずま」といわき市の塩で作られた極太麺。
フルーツ大国ふくしまのエキスを凝縮した濃厚ソース。
広大な土地で健康に育った豚肉・モヤシも福島県産!

ホームページ:http://namie-yakisoba.com/index.html
お取り寄せ、噂の極太麺はこちらから↓↓↓


二代目だんな 麺の旭屋 太っちょやきそば




posted by べこ at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | おまけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

「【福島編】辞令は突然に・・・」vol.2


ヨークベニマルは福島県を中心に165店舗展開する大人気スーパー。いちにさんの市というのがあり、毎月1〜3日が安売り。

ラジウム玉子=温泉卵の事。明治43年に眞鍋嘉一郎氏が飯坂温泉で初めてラジウムを発見したことからその名前が浸透している。
黄身はゼリー状、白身はプリンのようななめらかな食感!! 【温泉ラジウム赤たまご 30個 Lサイズ】

凍み豆腐は高野豆腐を参考にして作られたもの。煮物やお味噌汁はもちろんのこと、天ぷらやカレーに入れたりする。



天然仕上げの自然食品、丹精込めた美味さ自然干し 凍み豆腐(立子山)3連入り



◆全国に426店舗展開している「幸楽苑」は昭和29年に「味よし食道」としてオープンしたのが始まり。

◆幸楽苑のラーメンは多加水熟成麺と言い、水分比率が高くより麺を熟成させる製法で作られている。1日に34万食分、餃子は110万個も作っている。

◆福島県ではラーメンにお酢をいっぱいかけて食べるのが定番。

◆福島県はヨーグルトの消費金額全国第一位。スーパーでは60種類以上のヨーグルトを販売している店舗も。喫茶店「珈琲の街」では食後にコーヒーかヨーグルトが選べ、7割以上がヨーグルトを選択する。

◆杉乃家 「ふとっちょ焼きそば」は浪江町の名物。漁師のお腹を満たすために開発して太くなったようです。普通の焼きそばの4倍以上の太さで、浪江町では19店舗以上でふとっちょ焼きそばが食べられる。


〜2010/6/3放送 秘密のケンミンSHOW より〜
posted by べこ at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | もし転勤になったら!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。